お風呂の配管洗浄は給湯器でも出来るの?DIY

給湯器 配管クリーン洗浄方法解説

皆さんはお家に給湯器付いていますよね?最近ではエコキュート(オール電化)の設置もあるのでないお家もあるかと思います。また給湯器の主なメーカーは、ノーリツ・リンナイ・ハーパス等がありますが。今回は、ノーリツの定番リモコンRC-9000シリーズには、実は配管の残り湯を出してくれる配管クリーン洗浄機能がついているんです。

でも手動なんです。意地悪ですよね?給湯器にはフルオートオートの2つがあります。 簡単にいうとフルオートというのは、水量センサー付き オートは水量センサー無と理解してみて下さい。 フルオート機能は、ふろのお湯を抜き終わると配管内に残っているお湯を押し出してくれて配管内でお湯が汚れていくのを防いでくれますが、オート機能の物では、お湯を抜いても自動で洗浄はしてくれません。そこで手動でも簡単なので、定期的にやっておいた方がよいと思いますので方法をご紹介します。
1・浴室リモコンの電源をOFFにします。
給湯リモコン 配管クリーン
2・リモコンのふろ自動ボタンを2秒以上押します。
風呂自動を2秒以上 配管クリーン
3・温度調節ボタンの上を押します。3番にして、その横をOFにします。
配管クリーン洗浄方法
4・再度に温度調節の上のボタンを押すと配管クリーンが始まります。
配管洗浄開始
この配管クリーンをするとどうなるの?これは約7リットルのお湯を使って、給湯器から浴槽の循環金具までの間の配管には使用されなかったお湯・または追いだきをしたお湯が残っています。これをしないと次回お風呂を貯める時に古いお湯を先に出す事になります。なのでバスクリン等の入浴剤を入れたお湯を抜いて、翌日でもお湯を入れてみて下さい。最初に色つきの水が出てきますよね。 この状態をなくすために配管クリーン機能が付いています。知らなかったという方がほとんどだと思いますので、是非この記事を見ながらやってみて下さい!!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA