DIYでテレビを壁掛け仕様に挑戦してみよう!

テレビ 壁掛け金具

テレビは、年を追うごとにどんどん薄型になってきていますよね?自宅のテレビ地震などが来た時に倒れないですか?いざという時の為にテレビは壁掛けにすることをお勧めしますので、金具を買ってDIYでも取付られますので頑張って取り付けてみませんか?でもどうやって取り付ければよいか分からないし、どこに取り付けられるのかもわからないという方にアドバイスさせて頂ければと思います。

まず最初に日本で最も多い工法で建てられている「在来工法」でご説明していきます。下の図を見てください。
在来工法の柱、間柱ピッチ
このように壁の中を上から見た図面です!柱の太さは、900mm~105mm程度、太い柱の間に入っている細い柱が、間柱と言って壁の下地材を張るために設けられる柱のことです。この間柱寸法は、一般的に27mm~30mmが主流です!

皆さんのお家では壁紙も張られているので中が見えませんが、一体この柱をどのように探せばよいのでしょうか。

下地を探してみよう編をご覧ください。

自宅の壁の下地を探す最も簡単な方法は?

この下地を探したところにビスを打っていきます!手で回すドライバーでは、難しいので充電ドライバーを使用することをお勧めします。もちろん思いっきり回していけば手でもはいりますが、結構大変です。
※この時にサイズの小さいドライバーでは、力が足りずに柱にビスが入っていかないので、バッテリー電圧が7.2V以上をお勧めします。
テレビ壁掛け 間柱

いかがでしたか?壁付けにすることによって、地震などの際にも転倒を気にしなくて良いですし、この金具は、折り畳みが出来て、角度も自由に変えられるタイプなので、より便利ですよね?
壁掛けテレビ

壁掛けアームは、ネットで買う方が安いため、オススメです!

最後に注意事項
・この方法は、よく下地を確かめたうえで行ってくださいね!
・準防火地域や3階建てのお家などは、石膏ボードの厚みが15mm以上の厚さになっていますので頭に入れておいてくださいね!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA