2階がとにかく暑い時は棟換気をつけよう

棟換気

皆さんのお家って2階に階段で上がっていくと暑くないですか?それを解消させるまず1つが、棟換気です。
写真を見て頂くと屋根の頂点部分に、ボコッと何か出っ張っているのが分かりますよね?これが棟換気です。この商品は、リフォームで十分つけられる商品で、足場を必要としないで工事が出来る場合は、数万でつけられる換気材です。これは、お家の棟に雨が入らないように板金のカバーがされているのですが、その部分と屋根の野地板をカットして、屋根材をその取りつける部分にカットし、換気材をセットするというものです。

これをつける事により、軒(のき)や基礎の換気口から入った空気が上に抜けてくれるんです。これをついていないお家がほとんどでこれをしないと上に空気が上がってっても閉じ込められたままで、更に夏の屋根の温度は60度以上になるので2階の屋根の小屋裏は暑い空気で充満されてしまうという仕組みになっているんです。

もちろんこれをつけたからといって全ての熱が出るわけではないので、完全に1階のように涼しく出来るわけではありませんが、改善させる事は十分に出来ると思います。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す