120インチのスクリーンの家

プロジェクターというと一昔前までは、会社の会議やビジネス用などが主流でしたが、今は家庭用のホームシアター用というのが 普及しており ご家庭でも映画のように 大画面で楽しめる時代がやってきましたね 今回ご紹介するお宅は、 120インチのスクリーンを備えたリビングです。とにかく大きいですね。

プロジェクターには何を買っても良いと言うのではなく投射距離があります。 小さい画面ですと2.5m ぐらいから6メートルぐらいまでスクリーンとプロジェクターを離さなければならないものまであり、価格も様々です。

また理想の視聴距離はおおよそで、100インチで約3mは離れてみた方がよいと言われていますが、実際それより離さなかったら大きすぎて見れないですね。

取り付け方法も様々あります。天井吊り下げ、壁付、天井埋込などがあります。

diyで取り付ける場合は、天井付けと呼ばる、天井の下地に直接ビスで固定する方法が一番多いです。 ただ気を付けなければならないのがスクリーンが大きい場合重量もあるため 出来れば業者に取り付けてもらうのが無難な所です。

壁付の場合も下地を探すため、DIY中級~上級者向けですね。

最後に、壁に投影する事はできないの?
答えは出来ますが、きれいに映像を見たい方にはあまりオススメできませんが、クロスも凹凸がないクロスで、色が単色で、あればある程度はきれいに映ります。クロスの下地処理がしっかりなされていない凸凹の壁に貼ったクロスで見ると、変な模様が映ったりすることがありますが、出来ない事はないとおもいますよ!

プロジェクターは、憧れますよね。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す