1分 1寸 1尺の寸法は??大工さん用語

建築現場などでは大工さんは、よく寸法を示す時に何センチや何メーターではなく、1分 1寸 1尺で話すことがほとんどです。

一般の方には特に関係ない用語ですが、知っていると建築現場や自宅のリフォーム等の職人さんが入る時にすこ~し話している内容がわかりますよ!

では、よく使う用語のみ抜粋したのでぜひ読んでみて下さいね!

しゃく【尺】

1 尺貫法の長さの基本単位。1寸の10倍。
1丈の10分の1。1尺は、曲尺(かねじゃく)では約30.3センチ、鯨尺では約37.9センチ。

すん【寸】

1 尺貫法の長さの単位。1寸は1尺の10分の1で、約3.03センチ。

ぶ【分】

尺貫法で、1寸の10分の1。約0.303センチ。

「インニッサン」 30×40
 1寸2分(30ミリ)×1寸5分(39ミリ)断面の細長い木材。

「イッサンインゴ」 35×45
 1寸3分(39ミリ)×1寸5分(45ミリ)断面の細長い木材。

「サンゴのインゴ」105×45
3寸5分(105ミリ)×1寸5分(45ミリ)断面の細長い木材。
主に筋違等に使用することが多い

「小割」 20×30

「ヌキ」 13×90

「ヌキの二つ割」 13×40

「厚胴縁」 20×40

「ニゴの二つ割」 33×70

「四つ割り」 27×105
柱間の間に立てる下地(石膏ボードやベニヤ)を留める為の柱
柱と柱の間に立てるので間柱と呼びます。

「サンズン柱」 105×105
3寸(90ミリ)×3寸(90ミリ)正方形の角木材。
おもに柱に使用

「サンゴの柱」 105×105
3寸5分(105ミリ)×3寸5分(105ミリ)正方形の角木材。
おもに柱に使用

こんな感じです!

あとは建築は全ての寸法はミリで進めていきます!これはなぜか詳しくは分かりませんが、図面を書く際に建築士さんはミリで書いてきますし、ミリであれば細かい単位なので間違えることがないですし、建築は天井高2435mm(2m43.5cm)とか有りますからね!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す