玄関ドア フルリフォームプランでリノベーション!

玄関ドアリフォーム

タイトルを見た方は一体玄関ドアがどうしたんだ????って思った方も多いはず!今回は、通常ですとなかなか出来ないリフォームに挑戦しましたので、ビフォーアフターをお見せしたいと思います。通常下の写真の様な玄関ドアの場合は、リフォーム専用の玄関ドアに変更する事が一般的ですが、今回はドアを解体し、新たに袖壁を作って、新築用のドアを付けるというプランで施工してみました。
玄関ドアリフォーム前

結果はというと、このようにしっかりと完成させる事ができました!また外壁塗装の色も玄関ドアとマッチする色ですごく良い形で完成したとおもいませんか?
玄関ドア リフォーム後

今回の工事の様に新築用のドアを入れるとなるとリフォーム用玄関ドア工事をするよりも、工程も増え、金額も高くなってしまいますが、既存のドアの位置や幅に左右されないでリフォームが出来ると言う所が最大のメリットですかね!お客様も喜んで頂き本当に提案してみてよかったと思います!

【工程の違い】
リフォーム用ドアの場合 玄関扉外し→リフォーム用ドアを取り付ける
新築用のドアの場合 玄関ドア解体→ドア回りの大工工事→玄関ドア設置→左官屋さんモルタル塗り→外壁塗装 おおまかですがこんな形で進みます。

リフォームする時に、自宅の玄関の幅が狭い場合、高さが低い場合、リフォーム用のドアで施工する場合、既存のドア枠に、新しい枠を付けて施工する為、一回り高さも幅も狭くなってしまいます。既存のドア枠より大きくしたい場合は柱や梁、筋交い等の構造にかかわる部分もあるので、担当者に十分相談してからリフォームに挑戦してみて下さいね!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す