水栓の水の出が悪い場合はここをチェック

水栓器具って、水の出が悪い時が場合によりあります。その際はまず疑ってほしいのが、ストレーナーという水栓内部についているフィルターです。ここの目詰まりを起こすと、場合によっては水が一滴も出ない事もあります。

今回は、洗面台の一般的な水栓ですが、外してみましょう。
ストレーナー

今回のモデルは、LIXILピアラという洗面台の水栓ですが、他メーカーも同じような作りになっている事が多いです。
レバーを写真の様にずらして、
水栓 ストレーナー

先っぽを引っ張ると取れます。このグレーの部分がストレーナーという部材です。
ストレーナー

大半の場合はここを水で掃除してあげると水量が元に戻る事が多いんですよ!

ストレーナーという名前はまず聞いたことない人がほとんどですが、どの水栓にも、トイレにもついていますので、あれっ?って思ったら思い出してみて下さいね。取扱説明書にこの言葉が書いてありますから!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す