木製ブラインドは断熱性があるの?

木製ブラインドって風合いがあって落ち着きますよね?でも木製ブラインドって断熱性能はあるの?ってちょっと疑問ですよね?答えは、取り付け方と季節に応じて効果を発揮してくれるんです。まず取り付け方ってなに?っていう所からご説明しますね。

輸入住宅等には窓枠の奥行がない作りのお家もあり、下の写真のようにブラインドが壁伝いについています。この場合は夏の遮光効果はありますが、冬の断熱性能は、残念ながら窓の性能が良くない場合は寒いと思います。
木製ブラインド 遮熱
窓枠の中にピッタリつけるタイプでは、カーテンまでは及びませんが、断熱性能はあると言ってよいと思います。
※基本木製ブラインドは、量販店で買う以外はオーダーメイドになっているのでぴったりサイズを作る事が出来ます。

次は、光の取り込みについては、ロールスクリーン、カーテンとは格段に違い最も優れていると思います。自分の好みに合わせた光の取り方が出来ます。また夏は直射日光には大きく発揮してくれますが、窓の内側にガラスを通じて熱を取りこんでしまい、ブラインドがその熱を再放出し、お部屋を暖めてしまうので、(LOW-Eガラス)の様な効果は期待できません。
写真は、ブラインドの向き 左が上向き、右が下向きになっています。光を好きな量だけ取り込めるのでそこが大きなメリットですかね。
木製ブラインド 採光

こちらは、吐き出し窓の長さで製作された木製ブラインド こちらも向きは同じですね。
木製ブラインド 採光

特に道路に面しているお宅や、隣のお家が近い等の場合には、ブラインドの向きで目線を遮り、光を取りこむ事ができるので、ブラインドには、断熱性能を期待するより、その他の優れた機能を期待した方が良いですね。ただまったく断熱性が0というわけではありませんので誤解なさらないでください。

冬対策に窓枠の内側にブラインド、部屋側にカーテンとダブルでついているお宅もあるんですよ。

最後にタイトルがなぜ木製なの?と思った方もいらっしゃると思いますが、一般的なブラインドは、アルミ製ですよね?アルミの場合は外の熱をダイレクトにお部屋の中に入れて、その熱を再放射しますので、断熱性は期待できない為、木製ブラインドというタイトルにしました。

ブラインドの購入を検討中の方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す