木材建具補修にウッドパテ使い方編

ウッドパテってなかなか聞きなれない言葉ですよね?これはどんな時に使えば良いのかというと、フロアーの傷やビス穴等の木材の割れや凹みを直す補修材です!使い方はとても簡単で、チューブタイプの場合は穴や凹みに充填しヘラで平らにしたら終了です。色はタモ、赤、ラワンと3種類があり、色を後から塗りたい場合等にはタモ色をオススメします!またこのパテは、例えばビス穴をふさいだ後に、そこにもう一度ビスを打つ事も出来ます!後は色を塗る際には水性、油性、またワックスも可能です。

1・穴に充填する
ウッドパテ 使い方1

2・付属のヘラでならす
※この時何度なでてもうまくいかない場合は、20分ぐらい時間を置いてから少しまた上から充填しならすとうまくいきますよ
ウッドパテ 使い方 2

3・24時間乾燥させる
※この状態は仕上げではなく、パテが完全に固まったらサウンドペーパー等で平らにして仕上げます。
ウッドパテ 使い方

こんな形でパテで処理する事が出来ますので、小さな穴等は簡単に充填すれば完成出来ちゃいますね。

本来はこの仕上がった状態からヤスリで磨いて平らにしてから塗装するのですが、わざとアンティーク風にしようという事からそのまま塗装して完成させちゃいました。
ウッドパテ 塗装

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す