木のサイディングを貼る際は必ず通気胴縁を!

通気胴縁を入れていない為 木が反りかえる

今回は、通気胴縁(つうきどうぶち)のお話をしていきたいと思います。通気胴縁とはその名の通り壁と外壁材の間に空気を通し、湿気を外に逃がす為に作られる空気層です。これをしないとどうなるかというと上の写真をご覧頂くと分かる様にバルコニー部分に木製のサイディング材が貼られていますが、壁との間に隙間を設けずに、直接貼ってしまった為、表面から雨が入ってしまい、水が抜けなままに太陽で照らされてしまい、それを繰り返すうちに木が反ってしまった現象です。

これを改善するため、次の写真をご覧ください。まずはこのサイディング材を撤去し、15mmの胴縁を縦に貼っているのがわかりますか?この上にサイディングを貼るので、壁との間には15mmの空気層が出来ます!これにより通気を良くし、材料の物持ちも良くなります。
通気胴縁施工

胴縁の施工が完了したらサイディング材を貼っていきます。

下側には空気を取り込むために、アングルというアルミ製の水切りを入れてここから風が入り温かい空気は上部から抜ける仕組みになります。
アルミの水切り

上側は笠木と呼ばれるアルミの笠をかぶせて施工が完了します。基本今の住宅は必ず通気胴縁が入っていますが、リフォームする際等には通気胴縁を必ず打ってからサイディングを貼る事をお勧めします!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す