新築・リフォームに屋外換気口は水切り付きがオススメ

屋外換気口 水切り付き 外壁面

タイトルを見てもなかなかピンと来ない方も多い方も多いと思う場所ですが、上の写真の丸い部品は、屋外換気口といい、室内の換気扇やキッチンのレンジフード等からの排気を外に出す為の部品なんです。

早速ですが、説明に入りましょう!この部品には水切り付きと水切り無しの商品があります。自宅の外壁のこの換気口の下側に水が垂れたような黒っぽい汚れを経験、または見た事はありませんか?
大きな理由は下の写真で見ていきましょう。この指で示している部分が水切り部分になります。
水切り部分

アップしてみると、さっそく汚れが溜まっていますよね?この写真は水切り付きなのでこの部分に汚れが溜まりますが、水切りが無い商品ですとこの汚れが直接外壁についてしまい、雨が降り、下に流されて黒い汚れが縦についてしまうんです。(水切りの役目は、外壁に直接水滴が付くのを防止してくれる事です。)
屋外換気口 水切り付き

水切りが付いているからといって、完璧に汚れが付かない訳ではもちろんありませんが、水切り付きにする事により付きにくくはなります。この理由から新築やリフォームをする際にこの換気口を取り替える、もしくは新設する場合は、水切り付きを選ぶ事をオススメします。

特に外壁材が、モルタル壁で、吹き付け塗装仕上げの場合は、一度汚れがつくとなかなか落とせなくなるので強くオススメしたいです。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す