新築の壁紙(クロス)にひび割れが出る原因と対策

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

せっかく購入した新築のお家なのに、壁紙にひび割れが起こった。またクロスのジョイントが開いてきてしまった、、、等の経験をお持ちの方、また現在悩んでいる方も多いと思いますので、ご説明と解決方法をご紹介します。

まず1・新築なのになぜクロスにひびがあるか?
これは新築だからこそ余計に起きうる現象でもあるんです。原因は、木造の建物の場合は、竣工後も多少なりとも建物は動いています。また使用した材木も、まだ収縮が落ち着いていないので、1年~2年ぐらいは待ってあげて下さいね。とは言ってもひびが入ると、このうちは大丈夫?とかひび等はみっともない。と考えてしまう人も少なくありません。

結論からすると、新築竣工後1年程度のひびではまったく気にする事はありません。大半の場合は、クロスの下に張られている石膏ボードの継ぎ目が揺らされて、表面のクロスに亀裂が入ってしまう事がほとんどだからです。

そのために、新築住宅は、私の知っている限りでは、1年点検などがあり、クロスのひびや、ジョイントの割れ、建具等全般的な検査を行います。クロス補修は、だいたいの業者が無償で行なってくれます。
※傷つけてしまったものなどは除きます。

もし新築から半年や、一年ぐらいでクロスにひびが入っても、落ち着いて施工会社に連絡して報告を上げておくとよいとおもいますよ。是非参考になさってみて下さいね。

壁紙(クロス)に大きなひび割れ、DIYで補修できるのか?

クロス(壁紙)のひび割れはDIYで補修しよう!

関連記事で更に役立つ情報GET

Be the first to comment

コメントを残す