小口テープってどうやって張るのか?シナランバー編

こういう板ってあるのご存知ですか?この材料はシナランバーという合板になります!読んで字のごとく「ごうはん」ですので、3層に合わせて貼ってある板になります。
でも棚等に使用する場合はこの小口を見せっぱなしという訳にはいかないですよね?そこで小口テープと呼ばれる表が材料柄で裏がテープになっている物を用意します。
まず、テープを貼る前に、しっかりくっつける為に、ちょっとポイント!表面は木なのでざらざらしていますよね?表面をつるつるにする為にシーラーを塗ります!シーラーが完全に乾いたら
次のようにテープを貼り付けます。
小口テープ

次に角をカットしていかなければならない為、このかどっこという工具を使用すると楽に角をまっすぐ落として行く事が出来ます。
かどっこ

裏側はカッターになっています。
かどっこ 裏側
使い方はこんな感じです。
シナランバー小口テープ

このかどっこが無い場合は、カッターナイフ等でシール面を下にして、板に合わせてカッターを滑らせると綺麗にカットする事が出来ます。

仕上がりはこんな感じになります。
小口テープ張り

もし角がうまくいかなかったり、ガタガタになってしまう場合は、120番台辺りの紙やすりをかけてあげるとより綺麗に仕上がるんですよ!やってみると結構出来るもんなのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す