子供とコンセントの高さ危険性考慮しよう

皆さんは家を建てるときや リフォームするときまた壁などをいじる工事をする時コンセントって見たことありますか?

だいたい床から15cmくらいの高さでついていって、はいはいをする赤ちゃんなどでも簡単に手が届いてしまう高さ
にありますよね?

なぜ この記事を書こうと思ったかというと 我が子が過去に数回 コンセントで遊んでいたり コンセントに何かをさそうとしているところを目撃したことがあるからです。

家庭用のコンセントには100ボルトの電流が流れています 大人が少し触ったぐらいでは 大丈夫な場合もありますが それでもパンと大きな音がなってショートしたり、配線が焦げたりしたりします。

非常に危険な箇所でもあります。

最近は見た目もすっきりとしたデザインのコンセントなども増えてきているので 、改築される方は 一度コンセントの位置というものを考えてみましょう。

高さを変えるぐらいでしたら工事は容易に出来るとおもいます。

下の写真は床から120cmの高さにあるコンセントです。参考にしてみてくださいね!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す