天井・壁に傷をつけないで下地を探す方法は?

下地探し 磁石

自宅にの天井にちょっとした物を吊るしたい、壁に何かを取り付けたい!でもどこに留めたらよいのかなかなか分からないもんですよね?リノわんでも色々な下地探しの方法をご紹介していますが、今回は、天井や壁に穴を開けないで、かつ身近にあるもので下地探しをしてみたいと思います。それは「磁石」です!どんな磁石でもOKです!取り付けたい付近に磁石を当てながら上下左右にゆっくりスライドさせてみて下さい。今回は飛行機型をした磁石で実験してみました!

だいたいですが、天井も壁も10cm~15cmぐらいの間隔でビスを打っているのが一般的です!ビスは磁石がくっつきます!
壁を傷つけないでしたじ探し

壁の場合は、柱間が90cmで真ん中45cmに間柱があることが多いんですよ!つまり磁石がくっついた所から壁の場合は、上下にスライドさせていくと、また磁石がくっつくという事になり、そこにはビスを打ってあるので下地があるという事になりますね!
磁石で下地探し
天井の場合は、野縁(のぶち)が組まれていて、間隔は30cmです!野縁はお部屋の長手方向に入っている事が多いので、磁石を当てて、くっついたら左右どちらかに移動させて、何個か磁石がくっついた所を目印をしておいて下さい。そうすると目印から直線状に下地が入っているという事が分かりますよね?
階段壁下地探し
なんか面倒くさそうなんて思っている方も、磁石を壁に当てれば良いだけですから挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す