天井に物干しDIYの際!下地の野縁の間隔は?

天井 野縁 ピッチ(間隔)

DIYで物干しをつけたいっていう方も多いはず!DIYで付ける事が出来ればコストもかからないしよいですよね?でもどこに留める事ができる木(野縁)が入っているかわかりませんよね?ですので今回は、簡単に見つけてもらえるように野縁(のぶち)の間隔をご紹介したいと思います。

まず野縁とは天井材を留める為の下地になります。この野縁も吊り木といって落ちてこないように、梁などの丈夫な所から吊る形でこの下地は出来ているんですよ。
天井 下地
さっそく間隔をご紹介しましょう!このピッチは、材料の芯から芯までの間隔は303mmになります。

と言われてもクロスも貼られている天井を見てもさっぱり分かりませんよね?
野縁 間隔
お部屋の壁がありますよね?そこから約30cm横に行くと一本目の下地が出てきますよ!

ここで1点注意点が、この303mmピッチは、お部屋の形によって異なりますので、どちらの方向にこの303mmピッチになっているかは下地探しで探してみて下さいね!

DIYで石膏ボード下地さがしは出来る?下地チェッカーとは?

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す