天井と壁の取り合いの仕上げ材

この写真を見て何を言いたいの?って思う方が大半だと思いますが、今回はクロス見切りのお話をしたいと思います。このクロス見切りとは、、その名の通り、壁と天井を見切っている部材になります。リフォーム用もありますが、今回は新築によく使われる{白いプラスチック部材}F見切りと言います。
見切り材
でもこれがあると何がよいの?って思いますよね?この見切り材があるおかげで、廻り縁のないお家だとコーナーがクロス同士をぶつけて、コーキングをするなどしますが、それはクロス屋さんの腕に左右されて仕上がってしまいます。下地が悪いと、まっすぐの線に見えない事もあるぐらいなのです。

ただこの見切り材があれば、クロスやさんは、壁は見切りの下でまっすぐカッターを走らせ、天井クロスは横にぶつかった部分でカッターを走らせて仕上げが出来、さらには肝心なコーナーは見切り部材で納められているので見た目も仕上がりも非常にきれいに仕上げられるのが特徴です。
F見切り

ただ現場に入る大工さんがこのF見切りというものを石膏ボードを貼って行くたびに入れていくので手間はかかっちゃうんです。私は個人的にはこのF見切り仕上げを高く評価していて、廻り縁をつけないのであれば、F見切りか、または見切り部材を付ける事を推奨したいですね。

この写真はお客様宅を訪問した際に快く撮影許可を頂き、撮らせて頂きました。
ご協力頂きましてありがとうございました。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す