地震対策にはLアングルを❗ビスの必要長さは何mm?

Lアングル

皆さんのお家の家具は全て固定されていますか?地震が起こって怪我や命を落としてしまう程危険で気をつけられる事が、家具の固定です。

そんな事分かってるよーと思いながらやっていない人も多いのでは?

今回は、どこのホームセンターでも売っているあまり聞きなれないLアングルをご紹介します。

これがLアングルです。

写真のようなカラフルな物もあるので、背が低く、目に付きやすい家具にも使えそうじゃないですか?

では、家具に取り付ける場合は、家具側には、枠の太さがあるので、出来るだけ最低限枠の中心以上には、届く長さを選んでくださいね。

また壁側には、必ず柱や間柱という木材が壁の中に縦に入っているので、そこに打ってくださいね。長さは最低でも30mm以上あるビスを使用しましょう。

なぜかというと、室内側から見て、まず表面はクロスが貼ってありますよね?次にあるのが石膏ボードこれが、9mmから12mmの厚みがあります。これは、その名の通り石膏ですからビスは効きませんよね?これの奥にいよいよ、柱や間柱と言った木材があります。

では、20mm程度の長さのビスを使った場合はどうなるかというと、木材に刺さっている部分は、既に石膏ボード12mmの場合は、ビスは木材に8mmしか刺さってないですよね?これでは大人が家具を引っ張ったらビスは抜けてしまいます。

地震のような強い揺れに加え、家具が揺らされLアングルには引き抜こうとする力が加わりますよね?こういう場合にビスは絶対外れてはいけないので、30mmあれば、30(ビス)-12(壁材の厚み)=18mmですから、木材には、18mmは刺さっている事になりますよね?なので、壁固定用ビスは30mm、38mm等十分木材に入るビスを選んでくださいね。

と言ったお話でした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA