レール付の扉の動きをよくするには?

室内引戸 

床にレールがついているドアは、レールが有る分、動きが悪くなる事が有ります。そんな時は、まず下の写真のな調整ネジがありますので、ここを見てみてください。
レール付き 引き戸 滑りが悪い

この調整ネジをよ~く見てみてると、上下と書いてあったり、左右と書いていませんか?

このネジをプラスドライバーで回すだけで、簡単に調整する事ができるんです。たとえばすべりが悪い場合やドアが途中で止まってしまう場合等は、下の車が下ってしまって、扉がレールに干渉する為、動きが悪くなっている事が考えられます。この場合は、+ドライバーで上方向に少し回してみて下さい。そうすることによって、扉が上にあがり動きはよくなると思います。

それでもうまくいかない場合は、扉は4点で留まっているだけですので、簡単に外すことが出来ます。一度扉を外して車の動きを確認してみる事をお勧めします。ほとんどの場合、これで解決されます。

※戸車自体の動きが悪い場合には、車に埃などが絡まっている場合が多いので、ゴミを取り除いて、レールを掃除してから、戸車の動きをよくする為に、車にシリコンスプレーをさしてみると動きはスムーズになります。
シリコンスプレー
※メーカーさんのHPには、油やシリコンスプレーをささないで下さいと明記があるのですが、これは扉も外さずにただスプレーだけで解決させようとすると、逆に埃やゴミを寄せてしまう可能性が有る為に明記されているだけなのです。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す