ユニットバスは10年~15年で本当に寿命?

ユニットバスの寿命は10年~15年と言われています。私は数々の工事をおこなってきましたが、ではなぜ交換するのでしょうか?10年経っても水漏れやその他壊れている部分がないお宅がほとんどです。ではなぜみなさん交換するのでしょうか?

ほとんどの方は老朽化というよりは、仕様やデザインに飽きるがほとんどでした。

もちろん在来バスからユニットバスへの交換の場合は、段差解消やお風呂が寒いから等、その他理由はさまざまですが、ユニットバスは実は日頃のお手入れ次第で長く使う事もできます。

良くある理由が汚れ(壁・天井のの間や鏡など)が落ちないからや水栓からのポタポタ水漏れがあるなどですね。例えばコーキングユニットバスの壁のパネルとパネルの間がコーキングといってシリコン剤などで充填されていて、そこがどうしても汚れが落ちない等の場合は、専門のコーキング屋さん等に頼むとおおむね3万~4万程で全ての箇所のコーキングを打ちかえる事が出来ます。

またユニットバスは、さまざまな部材の組合せで出来ているので、ちょこちょこ直すことも可能なんですよ。
日々のお手入れでユニットバスも長持ちしますよ。あとは換気が最重要です!

次のURLはLIXILのメーカーホームページですが、ユニットバス部分修理の概算費用が出ているページがありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://faq.lixil.co.jp/faq/show/6453

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す