フロア、木材補修 ウッドシール使い方編

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

フローリングの隙間や、木材補修によくウッドシールを使うことが多いのですが、ではどのように使うのが良いのかをご紹介します。

ウッドシールの使い方は簡単で、先っぽをハサミなどでカットし、窓枠剤の隙間やフローリングの隙間や、巾木とフローリングの隙間等、充填剤として使う事をお勧めしますが、ウッドシールは艶が出てしまう場合がありますので、別の所に中身を少し出してテストしてみる事をお勧めします。

仕上がりは、カチカチに固まるのではなくゴム状に仕上がります。なので1mm、2mm等の隙間充填剤と理解してお使い頂くときれいに仕上がると思いますよ!

クロスの代わりに貼るダイノックシート等の入隅等にも使われています。

関連記事で更に役立つ情報GET

Be the first to comment

コメントを残す