トイレのリフォーム 床材無垢は??

水回りのリフォームで特に気をつけないといけないことが床です。

床は水が跳ねたりする可能性が高いところですよね?

ここに無垢を使う方などもいらっしゃいますが 無垢材のデメリットナド理解した上で活用すると良いリフォームが出来ると思います。

では無垢材で何がいけないの? 気になる方もいらっしゃると思いますが、無垢材が水を吸ったりすると カビが生えたり黒ずんだり 色あせたという現象 無垢の自然な現象が発生します。

それを理解している方は大丈夫だと思いますが そういう特性を理解しないまま 採用してしまうと、水回りの床にシミがついたり、落ちなかったりと 困ったことになる場合があります。

水回りっていったい何がいいの と言うと フロアタイルや、クッションフロアなど 耐水性のある材料を使用すると今後の生活の中でも快適に維持することができると思います。

無垢風のフロア材や表面がコーティングされた材料などもありますので ぜひその辺をよく考えて採用してみてくださいね。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す