タイル目地や小さなひび割れをDIYで補修しよう!

ペーストモルタル ひび割れ補修材

ご自宅の玄関内のタイル目地やモルタルの軽微なヘアクラックと呼ばれるひび割れが気になっている。なんてありませんか?軽微なひび割れであれば・アクリルエマルジョン系のコンリクリート面
ひび割れの補修材です。

簡単に説明しますと、アクリル樹脂を水に乳化・分散させたもので、普通のモルタルと比べても強度の強い材料になります。

早速事例を見ていきましょう!今回のひび割れ個所はここ!黄色いマスキングテープの範囲です。マスキングテープの部分はたいるとの隙間があります。
モルタルひび割れ補修前

隙間に直接充填していきます。
ひび割れ部分に直接ペーストモルタル注入

充填するとこんな感じになります。
ペーストモルタル注入 周りにはマスキングテープ

表面が柔らかいヘラや刷毛等で均していきましょう!
スポンジ付きのヘラでモルタルをならす

充填直後は、あれっ!色が違うなんて思う事も!でも次の仕上がり写真を見てみて下さい。
モルタルの隙間に充填

まだ完全に硬化はしていないので、若干色の違いは分かりますが、メーカーの仕様に表面硬化は、夏季は約3時間 冬季は約6時間(内部硬化は約24時間)と記されています。
今回は、DIYで補修してみましたが、仕上がりの色も写真より更に目地に近い色になり、これならどなたでも挑戦できる商品と思いご紹介させて頂きました。
ひび割れ補修後

最後にでも、家は目地に色を付けているから、もしくは色が白が良いんだけどな・・・などという方もご安心を!この材料には色が今回使用したグレー・ホワイト・アイボリーが用意されていて、更に色をという方は補修後の上から塗料を塗る事も出来ますので、用途に合わせて補修して頂く事をお勧めします!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す