タイルの白い汚れはサンポールで落ちる?酸洗い

タイル 汚れ 酸洗い前

玄関前のタイルが黒っぽいタイル等を使っていると、すぐにタイルが白っぽくなってしまう事ってありませんか?タイルの汚れの多くが目地材の汚れやモルタルなどの成分が多いんです。特に新築時等についている上の写真は、まさに目地材等のモルタル汚れがほとんどです。

でもこの汚れは結構頑固で水とブラシでは何回やってもまず落ちません。今回は、酸で洗う酸洗いに挑戦しましたので掃除方法を含めてご紹介したいと思います。

まず門扉や基礎モルタルや金属部に酸がついて変色等のリスクを避けるために養生をして水撒き(水打ち)します。
※水巻をする事によって一気に酸性の水を染み込ます事を防止するためです。

次に、サンポールを用意します。
タイル 酸洗い サンポール
このサンポールには塩酸が9.5%含まれているので、タイル洗いの場合は、希釈率1%~5%で洗う為、今回は1%から挑戦!9.5パーセントの濃度の為、約10倍に薄めました。

デッキブラシ、または車のタイヤ用のブラシは水を良く吸うので使いやすいですよ。ゴシゴシ擦ります。
タイル 酸洗い ブラシ

仕上がりの写真はこちら!まだ濡れているので良くわからない部分もありましたが、1パーセントの希釈率でしたので、完全ではありませんでしたが、結構綺麗にする事が出来ました。
タイル 酸洗い 

実際にやってみて分かった事。希釈率は1%でなくても、もう少し濃度を濃くしても良いと思いますが、植木鉢や金属類、門柱や門扉等変色リスクがある部品も多くあるタイル廻りの為、実行する際には今回の様に1%ぐらいの薄い希塩酸からチャレンジしてみる事をオススメします!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す