スレート・コロニアルの違いってなに?

スレート コロニアル

建築業界で働く方でも知らないで使っている言葉があります。私ももちろん最初は知りませんでした。屋根材で

ストレート・カラーベスト・コロニアルと塗装工事や屋根の話になるとこの3つの言葉がでてきます。

私も最初は、職人さんとの会話で

職人・屋根材はなに?
私・コロニアルの屋根になります。
職人・あ~スレートね。了解
私・????おれっコロニアルっていったのに、、、
職人・大丈夫一緒だから
私・????

と長くなりましたが建築業界入りたての頃はこんな会話もありました。

スレート屋根は粘土板岩を使用した建築材料なんです。じゃあコロニアルとカラーベストはなんなのというと、パナソニック(旧クボタ)が¥の商品名なんです。
昔流行ったウォークマンみたいなもんですね。ウォークマンはソニーの登録商標ですからね。その他のメーカーはカセットプレーヤーが正式な呼び名ですからね。シャチハタもそうですよね?シャチハタは会社名ですからね。なので100円ショップ等で売っているインク付きの印鑑はシャチハタではないんです。

この様に屋根材でもシェアーを獲得しちゃうとこんな事になるんですね。正解は、上の例とちょっと違いますが、どれも呼び名は正式名と商品名になるのでどれも正解なんです。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す