クロス(壁紙)張り替えの平均金額は?

壁紙を張り替える際に最も気になるのが金額ですよね。よくリフォーム会社などのチラシを見ると 1平米あたりいくら と記載されていますが これだけの金額にとらわれてはいけないのが現状です。
なぜかというとあの金額は 1平米あたりに新しいクロスを張った場合の金額を記載している場合が多くあります。 リフォームの際は 壁紙を剥がして、剥がしたあとの下地を処理してという金額は入っていないことが多くあります。

張り替え金額目安は、リフォーム工事の場合は、量産クロスで平米800円から1000円程度、最後に書いてますが1000番台クロスで900円から1200円の範囲が一般的な価格です。

また 大手のリフォームメーカーですと家具1個につき家具移動費いくらなどと記載されている場合が多く また中小リフォーム専業メーカーでは 家具移動の項目がない場合があります。 その場合は 現場監督が動かしてくれる?
もしくは職人さんが動かしながらやってくれるなどもありますが 念のため 担当者へは家具は誰が移動するのか などを 確認を取っておくのがベストです。

私の経験力だと おおよその金額で 四畳半から六畳間 場合によっては8畳までの張り替えの工事は1日で終了する 場合がほとんどした。

その際の金額ですが およそで 45000円から60 000円ぐらいでした。
もちろん大きなタンスなどがたくさん置いてある部屋などは1日では終了できず 2日かかる場合があります。
また 木目調のつるつるしたような壁紙 リアテック またはダイノックシートなどと呼ばれる特殊材料の場合は、下地もきちんとした処理をしておかなければ、見た目が悪い施工ににり、1日では とても終わりません。

まだまだ説明したいことは山ほどあるのですが あまり書きすぎりと、読んでくださってる皆さんが、混乱してしまうので この辺でまとめに入りたいと思います。

『まとめ』
壁紙を工事する際には お部屋が すぐ工事が出来る状態かどうかで金額は まず左右されます 。なので できることであれば お客様があらかじめ片付けるという事を前提にすると 見積もり金額は安く押さえられるはずです。
また 工期や金額が大きく変わってしまうのがクロスが剥がれにくい また はがした石膏ボードの下地がボロボロだった。などある場合には大工さんが壁を作り直す必要があり工事は2日以上かかってしまうことが予想されます。
あとは壁紙にも種類があり、金額は変わりますので 安いからokというよりは どういう種類の壁紙なのか、例えば 拭ける壁紙 空気をきれいにしてくれる壁紙 傷のつきにくい壁紙 賃貸用の安い壁紙などなど 担当者に確認を取るのが一番ベストで納得のいく事ができると思います。

sp、slが一番安い壁紙 次が量産1000番台など種類がありますが 面白みのある壁紙 をチョイスしたいのであれば 量産クラスからそれ以上のものをお勧めいたします。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す