キッチンのカウンターの高さは何センチがよい?

キッチン選びの時に、参考になるのが、写真にも記載がありますが、

自分の身長÷2+5cmが1つの目安です。もちろんこれはあくまで目安なので必ずそれでというわけではないのですが、例えばキッチンのカウンターの高さを90cmとした場合、例えばガスコンロの場合は、「ごとく」というフライパンや鍋等を置く金具がありますよね?その高さが約3cmぐらいはあるので、洗いものには適したカウンターとシンク位置でも、ガスコンロが93cmの高さの場合、フライパン、持ち手の高さは更に上になるので、手がちょっと苦しい体制になる事も実際に聞くお話です。

なので大体85cmが一般的に使われているサイズで、私が対応したお客様でも85cmが90%以上でしたね。

でももう1つ参考にして頂きたいのが、アイランドキッチン等にする場合は、シンクカウンターとコンロカウンターの2つになりますので、それぞれの高さを変えてみるのもよいと思います。例えばシンクカウンターは90cmにしてコンロカウンターは85cmにする等です。シンク側は出来るだけ食器を洗う時に体制が楽な方がよいですよね?

でもコンロカウンターは、高すぎると思いお鍋を持ちあげる機会等があると結構手に負担が来るので、ちょっと低い位置の方が便利なような気がします。

この様にキッチンのカウンターの高さは、今後の生活の効率にも繋がる大事なポイントですので、リフォーム、キッチン入れ替え等の時は是非参考にしてみて下さいね。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す