キッチンのグレードとリフォーム費用は?

キッチンを交換しようとするとき カタログってみますよね。 でも そこで 同じ仕様なのに グレードによって価格が違うっていうところに気づかれると思います。

キッチンは基本的に表面の面材と呼ばれる塗装やシートの形状などからによって グレードが分けられています。

どのメーカーも標準は ホワイトを設定しているものが多く、そこにレンジフード、水栓、ホーロートップコンロ、ステンレスシンク、食洗機なし これが 組み込まれて標準グレードと呼んでいます。

では キッチンを選ぶときに何をポイントにすれば良いのか ポイントを紹介します まずはベースの グレードを把握してみてください。

次に まずは細かいオプション抜きにして以下を注目すると 頭の中で整理ができ かつ イメージが分かりやすくなりますよ

大まかなオプションは以下です。
※以下は標準からプラスオプションです。
キッチンの形 
※I型 L型 アイランド型等
※今は主流ですが、扉が引出しか、開く扉か等
レンジフード
※フラット型、フィルターレス等
水栓
※浄水器つき、水栓が伸びる伸びない等
コンロ
※ガラストップでガスかIH等 
カウンター
※ステンレスか人造大理石等
シンク
※ステンレスか人造大理石等
食洗機
※浅型、深型等
引き出しの段数
※二段、三段、大引き出し等

以上が簡単ですが まずきめて頂きたい項目です。

これをきめて、困かなオプションをつけて行くと カタログからも 定価の金額を 引き出す事が簡単にできちゃいますよ。

それをもとにリフォーム会社さんのチラシやホームページで割引率を見て 判断すると 本体 価格だけはだいたい出ます 私もよく聞かれるのが大まかな リフォームの際の工事費ですが あいがたの場合 おおやそうで 18万から30万円の間でした。

※ リフォームの場合は 取り付けるキッチンによっては別工事が必要となる場合もあります。

他にかかる費用が諸経費と呼ばれるものです。 諸経費の考え方は各社によってバラバラです。 現場管理費として、会社の維持費用としてなど 率はおおよそ5%から10%くらいです。

参考にしてみてくださいね。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す