カーポートの建ぺい率と固定資産税かかる?

カーポートって、お家を新築された方でも、後で取付ける 場合っておおいですよね?ではまずカーポートは建ぺい率に入る?入らない?をご説明 しましょう!
答えは、入るです!

私も過去に市役所等の建築指導課に出向き 相談した所、雨が凌げれば建ぺい率に入るとの回答が多かったです。

では、パーゴラの様な骨組みだけなら建ぺい率には 入らないんですか?と聞くと、パーゴラでも、アクリル板等の 屋根材がつけば建ぺい率に入りますが、骨組みだけなら
入りませんとの回答が・・・

だいぶ前におもしろい考え方だな~ って感じたのをよく覚えています。

なので、サンルームってありますよね?あれは完全に建ぺい率に なっちゃいますよね。次に固定資産税についてですが、通常のカーポートと呼ばれて いるような物でしたら
固定資産税の課税対象にはならないという 事を市役所で聞きましたが、ではどういうカーポートをつけると 固定資産税の課税対象になってしまうのか?

3方を壁で囲まれたような建物は課税対象になっちゃいます。下の写真のような商品の場合ですね!

ではよくある、イナバ物置とか、ヨドコウ物置
みたいなものは 課税対象になるかというとならないです! 私なりの見解だと、基礎を固定しその上に建物を乗せる様なものは 課税対象で、倉庫の四隅にブロックを置いてあるような簡易的な 基礎は非課税なんですね! 是非参考になさってみて下さいね!

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す