カーテンの高さと幅の測り方は?カーテンレールの長さは?

カーテンのワイド寸法の測り方は

カーテンを購入する時やまたオーダーしたい時にどこから測れば、お店の人に伝わるのか心配な場合ってありませんか?特にネット通販等の場合は、店員さんからの直接的なアドバイスもないですしね。今回はカーテンを頼む時に、幅と高さをどこから測れば確実なのかをお教えしちゃいます。

まずは上の写真をご覧ください。カーテンの幅を決めたい場合は、レールの点線の位置から反対側の同じ位置まで測ります。ただしこの幅ピッタリで頼んでしまうと、例えば、両開きのカーテンの場合閉め切った時に少し隙間が出来てしまう等の場合がありますので、レール幅の3%~5%の余裕を持ったサイズを注文するのがよいとされています。

計算方法は、カーテンレール幅×1.05=カーテンの長さとなります。簡単ですよね?

では次に高さ方向をご説明しちゃいますね。高さは↓の写真をご覧下さい。
カーテンの高さの測り方
カーテンはこのランナーと呼ばれる引っかける金具の下側から床に向かって測ってみて下さい。そしてドレープカーテンの場合は床から約1cm、レースのカーテンは約2cmあけるのがよいとされています。

では、腰高窓等の床まで窓が無い場合の長さはどこまで測れば綺麗に仕上がるのかというと、窓枠下から10cm~15cm程度下までの寸法を測って注文すればOKです!

ここまでは分かったけど、そもそもうちはカーテンレールをこれからつけるんだけど、、、なんていう方にカーテンレールと窓のどこに合わせるのが一般的か知りたいですよね?基本窓枠の外側から5~10cm程度カーテンレールを長めに用意してあげれば、カーテンを開いた時にも綺麗におさめる事ができるんですよ!是非DIYの参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す