ウッドデッキは天然木か木樹脂か?メリットデメリット!

みなさんがお家を建てる時、またリフォームなどでウッドデッキを検討されている方もいらっしゃるかと思いますが、悩むのは、木樹脂で作るか?天然木で作るか?と言った所ですよね?今回はお互いのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

まずはセランカンバツ材で施工したウッドデッキですが、仕上げには、防腐剤入りの塗料を塗って仕上げています。
メリット
・天然木の風合いが楽しめる
・木材が非常に硬く耐久性がある
デメリット
・天然木の為定期的なメンテナンスが必要になる
※特に大引きや、根太材に防腐加工されていない木の場合は環境にもよりますが2~3年でだめになる事があります。
・表面が塗装の為、3か月~6カ月で色落ちが始まる

セラカンバツ材のウッドデッキ

次に、人工の木樹脂のデッキ
メリット
・木材とプラスチックを混ぜて作られている材料の為、まず腐らない
・仕上がりが天然木に比べてデッキ材同士の隙間が3mmしかない為、物が下に落ちない
・束はコンクリート、脚はアルミ、大引き、根太もアルミの為、メンテナンスがまずいりません。
・手すりやフェンスも一緒に施工できる(メーカーにオプションがある)
デメリット
・夏場などは環境にもよりますが、木より表面温度が熱いと感じる事があります。
・色の薄い材料の場合、雨跡がシミの様に残る(目立つ)
※この場合、デッキ材を水洗いし、乾く前に雑巾で拭き取るという作業を何度か行なって下さい。薄くなったり、同化して見えなくなる事もあります!

シロアリ対策のウッドデッキを作ろう!

みなさんはどちらが良いと思いましたか?木の特性やメンテナンスに理解のある方は、天然木を、一般的に使用し、メンテナンスをフリーにしたい方は、木樹脂を選ぶことが良いかと思います。

次は各メーカーから出ている木樹脂デッキのページをご紹介しています。是非商品のご参考にしてみて下さい。

LIXIL 人工樹脂デッキ
http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/wood_deck/

YKKAP リウッドデッキ
http://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/rewood/

サンワカンパニー ウッドデッキ
https://www.sanwacompany.co.jp/shop/c/C009_01/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=jyusisei&utm_content=AD-new

関連記事で更に役立つ情報GET

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてね

Be the first to comment

コメントを残す